全国通信用機器材工業協同組合|全通協| -- シェルター(収容箱)のあれこれ(4)補修との闘い?
読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧
X
 
:
パスワード :
  会員登録

技術のあれこれ

             シェルター(収容箱)のあれこれ(連載第4回)
                 ――補修との闘い?――
                                           記事提供:椛蜑h製作所
                                                    2015.12.25

 ●気が付かないうちに・・・

 私たち人間を含め身の回りにあるものは、どんなものでも時間とともに劣化・老化・老朽化し、やがて使用に耐えなくなり寿命に至る運命です。永遠に不変なものと思われがちな日本のシンボルであり、世界遺産でもある「富士山」にしても、人間の時間軸と地球の時間軸の長さの違いはありますが、確実に形を変えてきています。例を挙げれば富士山の西側斜面に「大沢崩れ」という大きな谷があります。これは、読んで字のごとく崩れている場所で、この谷では毎日のように少しずつ崩落が起きています。崩落を防止することができなければ、何百年か経過すれば「富士山」の姿は、変わってしまっているでしょう。

 私たちも年齢を重ねていくうちに、顔ではしわやシミが出てきますし、腰や膝が痛くなったり等老化の現象が現れてきます。例えば、ある程度の年齢になった仲間同士が久しぶりに会った場合、過去の記憶にある姿からの変わりように、お互いびっくりすることも多いのではないでしょうか?

 シェルターも同様で一度設置されてしまうと、何か装置のトラブル等が無い限り点検されることが少なく、気が付いたら下の写真のような有様になっていることが多いものと思います。
 

   
 
 また、顔にできるシミのように表面は部分的な錆のように見えても、その下では錆が内部に進行していることが、多々見受けられます。下の写真がよい例で、素人目には表面にしか錆が発生していないように見えますが、表面の鋼板を開けてみればシェルターの土台まで錆が進行しています。
 
 
       シェルター側面外観状況            シェルター側面錆発生部を開けた状況
 
  このような状況では、表面の補修だけでは長持ちする製品も寿命を早めてしまうことになります。
 
●こまめなお手入れが肝心

 女性の場合など、美白化粧品を使用してシミ・そばかすが広がらないように、更には願わくばシミ・そばかすを消し去るべく毎日のお手入れを行っている方が多いと思います。また、病気予防では、毎年健康診断や人間ドックを受けて、がんやその他の病気になっていないか、はたまた病気になりそうな兆候はないか等を調べて、早期治療早期治癒を心がけている方も多いと思います。

 シェルターも同様で、毎日とは言いませんが定期的に点検と行うことにより、表面にできた傷や塗装の剝れや汚れの付着等を早期に発見して、補修することがシェルターの寿命を延ばすキーポイントになります。

 私たちシェルターメーカーとしては、新規にシェルターを納めた時に保守点検の目安を取扱説明書に記載しております。
 参考例として、屋外塗装の保守点検は下表のとおりとなっています。
 


 このような点検要領に基づいて点検を行い、部分補修や全面塗装を計画的、かつ継続的に実施していけば、シェルターの寿命を50年100年と延ばすことが可能となります。
 
●補修はプロにお任せ!

 私たちの身近で錆が気になるものと言えば、「車」と思われる方が多いのではないかと思います。今では表面が錆びだらけの車はめったに見ませんが、よく狭い道で対向車と交差しようとして、路端の電柱に車の側面をこすったり、スーパー等で隣の車にボディに傷をつけられことが、ままあるかと思います。こういう時にすぐに傷を補修すれば、錆に移行することを予防できますが、そのまま放置し、傷口が変色してきてからタッチペイントで補修しても、時間が経つにつれて錆がぶり返してきたということを経験された方も多いのではないでしょうか?
 
 シェルターの塗装による補修でも、街中の塗装屋さんに塗装を依頼された場合、同じように1・2年で錆がぶり返して、困って私どもに持ち込まれることが往々にしてあります。これは、塗料さえ塗れば錆止め効果が出てくるものと思われている人が多いからだと思います。
 
 錆は、表面の塗装がはがれて素地の金属面が空気に触れた時点から進行します。プロは、これを踏まえ錆がどこまで進行しているのかを判断して、「ケレン処理」を行い錆をしっかり除去してから補修塗装を行います。また、補修塗装でも工場と同じように、@防錆用塗料で下塗り、A上塗り塗料との密着性と耐久性を高める塗料で中塗り、B耐候性・防食性が高く外観仕上りの良い仕上げ塗料で上塗り と3層の塗装を行い、新品と同様な品質をキープします。
 
 私たちはシェルターメーカーとして、全国に約12,000台の納入実績とシェルターのプロとしての豊富な補修実績から、メーカーだからこそ可能なシェルターの構造を踏まえた最適な補修や設置環境、劣化状況に応じた補修が可能です。
 


 
      シェルター側面錆発生部を開けた状況        補修板による補修を施工

 シェルターのプロの目で点検メンテナンスすることが、シェルターの寿命を延ばす最善の方法です。


 

 

1. コネクタあれこれ

@たかがコネクタされどコネクタ
Aコネクタの絆とは
B世界初 光防塵アダプタ

 

2.C形金物の歩み

@外れないカラクリ
A家屋にも優しい仕掛け
B外れないが簡単に外れる?C何でもフリー?
 
3.地下クロージャ自然環境との闘い
 (会員メニューより閲覧可)
@進化している「いいね!」
A施工の簡易化、信頼性向上のポイント
B施工時のポイント

 

 4.ガス供給装置の秘話
 (会員メニューより閲覧可)
@え!ガスシステムって凄い
A頑張り続けていますが…
Bまだまだいけます
 
 5.進化するプロテクタ

@見た目に美しくやさしく
A強さの秘訣はここだよ
B流石!光はホントにすごい


 
 6.雷ガードあれこれ

@雷から身を守るには
A直撃雷と誘導雷、怖いのは誘導雷
 (第3回目のみ、会員メニューより閲覧可)
B加入者保安器の歩み
C電源・通信防御の奥義 
7.架空クロージャの変遷
 (会員メニューより閲覧可)
@即応化に向けた歩み
A中は光ってる?
BPDS伝送の要
8.高上金物あれこれ

@曲がっても強いロッド棒
A痒いところに手が届く
Bスカイツリーをめざして
 
 9.進化中の分線金物

@ブンカナ誕生より半世紀
Aいろいろあったね!ブンカナ秘話
Bサビよ、さよなら究極のブンカナ
10.AURORAの歩み
 (会員メニューより閲覧可)
@光の時代に応える
Aダウサイジングへの挑戦
B次世代への期待を運ぶ
11.めっきのあれこれ

@錆との戦い〜めっきパワーを活かそう〜
A鉄を守る溶融亜鉛めっき
B溶融亜鉛めっき豆知識
Cさらなる長寿命化をめざして
12.進化する通話録音装置

@はじまりはアナログ記録
Aアナログからデジタル対応へ
B音声の『保存』から『活用』へ 
C光、IP電話時代への対応と進化
 
13.ケーブル防護の助っ人

@桃太郎発祥の地でプロテクター誕生?
Aげっ歯生物との驚異的な戦い 
B自然界で益々進化?しています
Cその後のエピソード
14.電力装置の底力

@電気はあって当たり前
A電気は見張っていないと増え続ける
Bブレーカーを増やすのはわがまま!! 
 15.「ポケダイ」って何?

@ポケットダイヤラの歩み
Aこんなところで活躍 !! 
B進化するポケダイ

 
 16.シェルター(収容箱)のあれこれ

@シェルターってなあに?
A気にして見ればいろいろと
B中身を守る堅牢さ 
C補修との闘い? 

 


gotop