読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧 コンプライアンス指針
X
 
:
パスワード :
  会員登録
イベントトップ
過去の履歴

西日本ICTフォーラム 2009 イベントレポート

ホーム > 新製品・イベント > イベント > 過去の履歴 > 西日本ICTフォーラム 2009 イベントレポート

イベント

西日本ICTフォーラム2009【イベントレポート】

会場レポート リンク:開催概要 リンク:出展会社

西日本ICTフォーラム2009

9月16日(水)・17日(木)に、大阪市中央区にあるマイドーム大阪において、「西日本ICTフォーラム2009」が開催されました。
「確かなブロードバンド・ユビキタスネットワークの実現を目指した技術交流」をテーマに掲げた今回は、87社が参加、全通協組合員企業は37社が出展しました。展示会や基調講演、ワークショップなどが行われる中、1762人の方が来場し両日とも大いに盛り上がりました。

【オープニングセレモニー】

初日のオープニングセレモニーでは、主催者を代表しまして、社団法人・情報通信エンジニアリング協会の島征二会長から開会のご挨拶がありました。引き続いて、テープカットが行われ、たくさんの注目を浴びながら、白い手袋をはめた主催者と来賓の手によって二日間の幕開けが告げられました。 写真:オープニングセレモニー

【全通協ブースのレポート】

全通協ブースでは、日々変化するお客さまのニーズや現場の声を反映したVE&VA製品や新製品の展示を行いました。低コスト化や環境負荷の低減、作業性の向上を実現させた、ブロードバンド・ユビキタスネットワークの発展に資する製品を多く展示しました。
写真:全通協ブース 写真:全通協ブース 写真:全通協ブース

「西日本ICTフォーラム2009」が公の場としては初公開となった3つの製品をご紹介します。
写真:小型スプリッタモジュール
小型スプリッタモジュール
『小型スプリッタモジュール』は、小型化やマグネットの採用により、MDF、IDF内や壁面へ設置が可能となりました。これまで困難だった狭い空間での設置作業の効率を大幅に向上させました。

≫ 詳細はこちら
写真:光タグ
光タグ
『光タグ』は、ワンタッチで装着でき、表示を見やすく、脱落しにくい構造のタグを使用することにより光ケーブルの識別をしやすくしました。NTTグリーン調達ガイドライン推奨材「ポリプロピレン樹脂」を使用した環境に優しい製品です。

≫ 詳細はこちら
写真:TN加入光用クロージャ
TN加入光用クロージャ
『TN加入光用クロージャ』は、分割面を平面の単純な合わせ目にしたり、留め具の大型化によって、開閉や締結の作業性を向上させました。また従来4種類あったものを2種類に減らし、設計の簡易化を実現しています。

≫ 詳細はこちら

説明員の声
「全通協ブースでは、お客さまの要望や現場の声を受けて生まれたVE&VA製品を展示しました。経済負担の軽減や利便性の向上など、製品の確かなメリットを来場者の方にPRできたと実感しています。また製品に関する様々な意見を頂戴することができましたので、今後に役立てていきたいと考えております。」

【組合員ブースのレポート】

全通協の組合員ブースでは37社が展示を行いました。各社の個性溢れる製品がずらりとブースに並び、それを見学しようと多くの来場者の方がつめかけ活気を帯びていました。また、説明員の解説を聞く来場者の方の真剣な面持ちが、会場のいたるところで見受けられました。
写真:組合員ブース 写真:組合員ブース 写真:組合員ブース

組合員の声
「今回も新商品をPRするいい機会となりました。自信を持っている製品も書類ベースだけでは良さは伝わりません。製品が現場でどのように使われているのかを見ていただくことができ、実際に触っていただける場として、これからも活用ささせていただきたいと思います。」
組合員の声
「メーカーの思いだけで製品開発をすると非常に偏ったものが生まれてしまいますので、現場に出向きニーズの把握を行っています。こういったイベントでは、普段は直接交流のない多くの方に製品を見ていただき、意見を聞く事ができますので大変重宝しています。」

【来場者の声】

来場者の声
「コスト低減や環境負荷の低減など、時代の要請に応えた技術が多数展示されており、とても勉強になりました。お客さんも多く活気があり楽しむ事ができました。」
来場者の声
「作る側、使う側、全通協が三位一体となって開発を行えば絶対に素晴らしい製品が生まれるはずです。そういった機会を演出する交流の場をこれらからも作っていただきたいと思います。」
来場者の声
「これまで諦めていた工事も、今日の展示で見かけた製品を使えば可能になる事が分かり興奮しています。毎回多くの発見があり、今後も参加が楽しみです。」

まとめ


gotop