全国通信用機器材工業協同組合|全通協| -- シェルター(収容箱)のあれこれ(1)シェルターってなあに?
読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧
X
 
:
パスワード :
  会員登録

技術のあれこれ

             シェルター(収容箱)のあれこれ(連載第1回)
              ――シェルターってなあに?――
                                           記事提供:椛蜑h製作所
                                                    2015.6.26

 ●シェルターといえば
 皆さんはシェルターと聞くと何を思い浮かべますか?
 シェルターを辞書で調べてみますと、
 「避難壕、防空壕、特に核攻撃に対する避難所を核シェルターという。」
 とありますが、年配の人ですとアメリカとソ連の冷戦時代に、核攻撃を想定した核シェルターを思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。それ以外では、アメリカなどの竜巻被害から身を守る地下室や御嶽山等の火山噴火の噴石や火砕流から身を守る避難小屋や、簡易なものでは利用者を風雨から守るために駅やバス停等に設置されている上屋のこともシェルターに含まれる場合があります。今ではDVの被害者の一時避難場所等もシェルターと呼んだりして、広範囲に使用されるようになっています。
 
●人ではなく装置を守ります
 私たちのシェルターとは、人を守るのではなく通信用機器等の装置を風雨等の自然環境から守るために考えられたものです。一番良い例として、今では日本国中どこに行っても携帯電話が繋がりますが、これは携帯会社がそれこそビルの屋上や郊外・山の中等いたるところに基地局を設置しているからで、この基地局には電波を受信するアンテナや受信した電波を電気信号に変換して携帯会社の交換局に送る無線設備等が設置されています。この基地局に設置された無線設備等を収容しているのが私たちのシェルターです。たぶん皆さんも、よく郊外で目にするのではないでしょうか。                
 では、なぜシェルターが必要かといいますと、無線設備は電子機器ですので取扱説明書に「使用環境:0〜35℃ 相対湿度20〜80%、但し結露しないこと」とか記載されているのを皆さんも見たことがあると思います。これはメーカーがこの機器はこの範囲内で使用してくださいと言っているものです。しかしながら、真夏の直射日光が直接機器当たった場合は、機器のケース内の温度は35度を簡単に超えてしまいますし、真冬であれば当然0℃以下になります。また、当然雪や雨で機器が濡れてはいけないのは勿論ですが、多湿で結露が生じても電子回路の接点等が腐食して機器全体が動作しなくなってしまいます。
 人は雨が降れば傘をさしたり、風雨が強くなれば建物に避難したりし、また、暑さ寒さは冷暖房でしのぐように、通信用機器を厳しい自然環境から守り、長期間に亘り安定して使用するために必要なのが私たちのシェルター(収容箱)なのです。
 
●種類はあるの?
 シェルターは、外観からはあまり違いが無くどれも同じように見えますが、大まかには2種類に分けられます。1つは「溶接一体構造式」と、もう一つは「断熱複合パネル組立式」となります。
 シェルターは、外観からはあまり違いが無くどれも同じように見えますが、大まかには2種類に分けられます。1つは「溶接一体構造式」と、もう一つは「断熱複合パネル組立式」となります。
 溶接一体構造式とは、軽量鉄骨軸組みの骨組に加工済みの外装鋼板を組立、接続部は連続溶接を行い一体形とする工法です。
 特徴は、溶接一体構造のため剛性が高いので地震に強く、また鋼板で外周を覆った不燃構造のため防火性・耐漏水性に優れています。
 断熱複合パネル組立式とは、断熱材(スチレ
ンフォーム)を金属板の外板及び内板でサンドイッチした複合パネルを使用して、屋根、壁、扉及び床を組み立てていく組立工法です。
 特徴は、工場内での組立以外に現地での組立が可能なため道路や敷地が狭い場所にも設置可能です。またアルミ等の軽い金属も使用できるため軽量化することができ、ビルの屋上などにも設置可能です。
 この二種類を基本に、設置場所、例えば沖
縄や離島等ではシェルターを容易に点検に
行くことが出来ないうえに、台風等による塩分を含んだ風雨に長期間さらされてしまうことから、鉄板の代わりに錆びにくいステンレス材を使用したりします。また、本州でも海岸線近くに設置するシェルターでは、塩害からの被害を防ぐために材質をガルバ―鋼板に変更したり、塗装を耐重塩害塗装にするなど設置環境等を踏まえた最適な仕様としています。
 


 

 

1. コネクタあれこれ

@たかがコネクタされどコネクタ
Aコネクタの絆とは
B世界初 光防塵アダプタ

 

2.C形金物の歩み

@外れないカラクリ
A家屋にも優しい仕掛け
B外れないが簡単に外れる?C何でもフリー?
 
3.地下クロージャ自然環境との闘い
 (会員メニューより閲覧可)
@進化している「いいね!」
A施工の簡易化、信頼性向上のポイント
B施工時のポイント

 

 4.ガス供給装置の秘話
 (会員メニューより閲覧可)
@え!ガスシステムって凄い
A頑張り続けていますが…
Bまだまだいけます
 
 5.進化するプロテクタ

@見た目に美しくやさしく
A強さの秘訣はここだよ
B流石!光はホントにすごい


 
 6.雷ガードあれこれ

@雷から身を守るには
A直撃雷と誘導雷、怖いのは誘導雷
 (第3回目のみ、会員メニューより閲覧可)
B加入者保安器の歩み
C電源・通信防御の奥義 
7.架空クロージャの変遷
 (会員メニューより閲覧可)
@即応化に向けた歩み
A中は光ってる?
BPDS伝送の要
8.高上金物あれこれ

@曲がっても強いロッド棒
A痒いところに手が届く
Bスカイツリーをめざして
 
 9.進化中の分線金物

@ブンカナ誕生より半世紀
Aいろいろあったね!ブンカナ秘話
Bサビよ、さよなら究極のブンカナ
10.AURORAの歩み
 (会員メニューより閲覧可)
@光の時代に応える
Aダウサイジングへの挑戦
B次世代への期待を運ぶ
11.めっきのあれこれ

@錆との戦い〜めっきパワーを活かそう〜
A鉄を守る溶融亜鉛めっき
B溶融亜鉛めっき豆知識
Cさらなる長寿命化をめざして
12.進化する通話録音装置

@はじまりはアナログ記録
Aアナログからデジタル対応へ
B音声の『保存』から『活用』へ 
C光、IP電話時代への対応と進化
 
13.ケーブル防護の助っ人

@桃太郎発祥の地でプロテクター誕生?
Aげっ歯生物との驚異的な戦い 
B自然界で益々進化?しています
Cその後のエピソード
14.電力装置の底力

@電気はあって当たり前
A電気は見張っていないと増え続ける
Bブレーカーを増やすのはわがまま!! 
 15.「ポケダイ」って何?

@ポケットダイヤラの歩み
Aこんなところで活躍 !! 
B進化するポケダイ

 
 16.シェルター(収容箱)のあれこれ

@シェルターってなあに?
A気にして見ればいろいろと
B中身を守る堅牢さ 
C補修との闘い? 

 


gotop