全国通信用機器材工業協同組合|全通協| -- 進化する通話録音装置(4)光、IP電話時代への対応と進化
読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧 コンプライアンス指針
X
 
:
パスワード :
  会員登録

技術のあれこれ

               進化する通話録音装置(連載第4回)
             ――光、IP電話時代への対応と進化――
                                             記事提供:潟^カコム
                                                    2014.12.26

 ●ネットワーク機能を活かした録音装置
 前回ネットワーク対応を強化した大型の通話録音装置をご紹介しましたが、電話機ごとに受話器から音声を取得し録音する小型の録音装置もネットワーク対応を始めました。
 ネットワークとの親和性が向上すると、PCとの相性もよくなり、使い勝手が格段に向上しました。またAPI(Application Programming Interface)を提供することにより、次に挙げるようなお客様独自の付加価値の高いシステムの構築なども可能になりました。
@お客様ご利用の業務アプリからシームレスに通話録音内容の確認
A音声認識、感情解析システムとの連携による『お客様の声:VOC
 (Voice of Customer)』の活用
B通話録音データへお客様独自の情報を付加し顧客管理システムで活用
 
ネットワーク対応の小型通話録音装置 VR-L145H
 
 このモデルでは装置本体には操作ボタン、表示器類は一切なく、その操作はすべてPCから行うため、装置本体の小型化と、設置場所の制約が大幅に改善されています。
 
●光ファイバ網の普及に伴うVoIPへの対応
 これまでご紹介してきました通話録音装置は、アナログであれISDNであれ電話専用回線を対象としていました。データ通信の世界も光ファイバ網の普及によりブロードバンド化が急速に進み、このデータ通信を利用して電話の音声を伝える技術、いわゆるVoIP(Voice over Internet Protocol)が、通信コストの低減につながることから脚光を浴びるようになりました。
 VoIPはその名の通り、インターネットのプロトコルを利用して音声データをリアルタイムで伝送する技術です。このようなしくみのため、それまでに蓄積された通話録音装置用のハードウェア、ソフトウェアの設計資産はほとんど流用できず、VoIP対応に向けた新たな要素技術開発が急がれました。
 ISDNのように高品質の通信が保証されている方式とは異なり、通信プロトコル上で発生し得る様々な状況への対処が開発の課題となりました。その主な課題とは、
 @音声パケットの遅延、ゆらぎ、欠落の補償
 A音声以外のパケットによるプロセッサ負荷増大
 B録音対象以外の音声パケットによるプロセッサ負荷増大
  といったものが挙げられます。
 これらの課題に対しては、
 @VoIPに関連するパケットのみをリアルタイムで抽出するハードウェアパケットフィルタ
 Aパケットキャプチャ能力の向上とリアルタイム処理を実現する専用ソフトウェア
 B高性能マルチコアプロセッサの活用
 これらの組み合わせで製品化を目指しました。
 2011年にはVR-850VoIP(96ch)、翌年にはVR-810VoIP(16ch)を投入し、以降のVoIP対応録音機の基盤が築かれました。
 

 
VoIP対応通話録音装置 VR-850VoIP(96ch)  VR-810VoIP(16ch)
 
●携帯電話の通話録音への対応
 電話の通話録音への取り組みとして、アナログ、ISDN、VoIPと順調にその対応範囲を拡げてきましたが、携帯電話だけはそれまでの通話録音装置の機能アップでも実現することは困難でした。スマートフォンであれば専用アプリを入れ、そこで録音したものを収集するようなことは技術的に可能であったとしても、どのスマートフォンでも動作保証をするのは容易ではありません。
 携帯電話の通話録音については、通信キャリアが提供する録音サービスを利用し、その音声データを収集するかたちで実現しました。
 
携帯電話録音システム VR-MP100シリーズ システムイメージ

●進化するビジネス環境へのサポートパートナーとして
 通信コストの低減につながるVoIP回線はユーザーにとってメリットが大きく、VoIP対応の通話録音装置へのニーズは必然的なものとなりました。こうした固定電話回線における『アナログ・デジタル・VoIP』と進化を続ける中、特に近年急速に進化している携帯電話については、プライベートツールからビジネスツールへとその利便性から広がりを見せる一方、特に金融機関様ではコンプライアンス(法令遵守)の観点からモバイルの通話録音も重要視されるようになってきました。
 また、音声通話の手段が多様化する中、ビジネスコミュニケーションは、主に以下を目的に通話の音声を一元管理するニーズが年々高まっています。
 @ コンプライアンス管理(各拠点を統括した管理)
 A 分散化されたコールセンターなどのオペーレタ応対品質の向上
 B 音声認識や感情解析システムの利用により、顧客満足向上や市場ニーズの把握
 (『お客様の声:VOC(Voice of Customer)』の活用)
 C 各拠点の通話録音データの長期保存やバックアップとして
 こうしたアナログ電話網、ISDN、VoIP、移動体通信に代表される携帯電話など、音声通話のビジネスコミュニケーションの進化に対応すべくタカコムの通話録音装置の今後の進化にどうぞご期待ください。

 


 

 

1. コネクタあれこれ
@たかがコネクタされどコネクタ
Aコネクタの絆とは
B世界初 光防塵アダプタ

 

2.C形金物の歩み
@外れないカラクリ
A家屋にも優しい仕掛け
B外れないが簡単に外れる?
C何でもフリー?

 
3.地下クロージャ自然環境
     との闘い
 (会員メニューより閲覧可)
@進化している「いいね!」
A施工の簡易化、信頼性向上の
    ポイント

B施工時のポイント

 

 4.ガス供給装置の秘話
 (会員メニューより閲覧可)
@え!ガスシステムって凄い
A頑張り続けていますが…
Bまだまだいけます
 
 5.進化するプロテクタ
@見た目に美しくやさしく
A強さの秘訣はここだよ
B流石!光はホントにすごい


 
 6.雷ガードあれこれ
@雷から身を守るには
A直撃雷と誘導雷、怖いのは
    誘導雷

 (第3回目のみ、会員メニューより閲覧可)
B加入者保安器の歩み
C電源・通信防御の奥義 
7.架空クロージャの変遷
 (会員メニューより閲覧可)
@即応化に向けた歩み
A中は光ってる?
BPDS伝送の要
8.高上金物あれこれ
@曲がっても強いロッド棒
A痒いところに手が届く
Bスカイツリーをめざして
 
 9.進化中の分線金物
@ブンカナ誕生より半世紀
Aいろいろあったね!ブンカナ秘話
Bサビよ、さよなら究極のブンカナ
10.AURORAの歩み
 (会員メニューより閲覧可)
@光の時代に応える
Aダウンサイジングへの挑戦
B次世代への期待を運ぶ
11.めっきのあれこれ
@錆との戦い〜めっきパワー
    を活かそう〜

A鉄を守る溶融亜鉛めっき
B溶融亜鉛めっき豆知識
Cさらなる長寿命化をめざして
 
12.進化する通話録音装置
@はじまりはアナログ記録
Aアナログからデジタル対応へ
B音声の『保存』から『活用』へ 
C光、IP電話時代への対応と進化
 
13.ケーブル防護の助っ人
@桃太郎発祥の地でプロテクター
    誕生?

Aげっ歯生物との驚異的な戦い 
B自然界で益々進化?しています
Cその後のエピソード
14.電力装置の底力
@電気はあって当たり前
A電気は見張っていないと
    増え続ける

Bブレーカーを増やすのは
    わがまま!!
 
 15.「ポケダイ」って何?
@ポケットダイヤラの歩み
Aこんなところで活躍 !! 
B進化するポケダイ

 
 16.シェルター(収容箱)のあれこれ
@シェルターってなあに?
A気にして見ればいろいろと
B中身を守る堅牢さ 
C補修との闘い? 

 


gotop