全国通信用機器材工業協同組合|全通協| -- めっきのあれこれ(2)鉄を守る溶融亜鉛めっき
読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧 コンプライアンス指針
X
 
:
パスワード :
  会員登録

技術のあれこれ

                   めっきめっきのあれこれ(連載第2回)
                      ――鉄を守る溶融亜鉛――
                                              記事提供:イワブチ
                                                    2013.8.30

 ●溶融亜鉛めっきって何?
 溶融亜鉛めっきとは、鉄鋼材料の欠点である「錆」を長期間に渡って防ぐことができるめっき方法です。
 加熱して溶かした亜鉛の中に品物を浸漬させる方法であり、「ドブ漬けめっき」や「天ぷらめっき」とも呼ばれています。溶融めっき法は、電気めっき法よりも厚い皮膜を得ることができ、皮膜の厚さが厚いほど、長期間耐食性を発揮することができます。この溶融亜鉛めっきは、鉄塔や鋼管柱、金物類など、様々な鋼構造物の防錆処理として使用されています。
 
●溶融亜鉛めっきってどうやってめっきするの?
 溶融亜鉛めっきは溶かした亜鉛の中に品物をいれてめっきをします。このめっきの前には前処理を行う必要があります。前処理は油汚れを除去する「脱脂」、鉄にできた錆を除去する「酸洗」、鉄と亜鉛が合金化反応するように皮膜を作るための「フラックス処理」、水分を無くすための「乾燥」があります。この前処理工程の良し悪しでめっきの密着性など、品質に大きく影響します。
 
                 ※一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会 技術資料より引用

●溶融亜鉛めっきはなぜ耐食性が高いの?
 溶融亜鉛めっきは、亜鉛の持つ2つの特徴によって優れた耐食性を示します。
@保護皮膜作用: 亜鉛の保護皮膜作用によって、鉄のように早く腐食が進行することはありません。
A犠牲防食作用: 皮膜に傷が発生しても、周りの亜鉛が優先的に腐食することによって鉄素地の腐食を防ぎます。
 また、溶融亜鉛めっきの亜鉛皮膜は密着性に優れ、長期に渡って剥がれることはありません。
 
●保護皮膜作用って何?
 亜鉛は時間の経過とともに、皮膜が腐食して減っていきますが、このときに作り出される物質(腐食生成物)は保護性に優れたち密な皮膜を形成するため、その後の腐食の進行を遅らせる働きをします。これを保護皮膜作用といい、溶融亜鉛めっきが高耐食性を示す防食機構の1つです。
 
                        ※一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会 技術資料より引用

●犠牲防食作用って何?
 亜鉛めっきには、めっきに傷が生じ、素地の鉄が露出しても、傷の周囲の亜鉛が鉄より先に溶け出し、電気化学的に鉄を保護し、鉄素地の錆を防ぐ効果を持っています。これを犠牲防食作用と呼びます。
 この効果は塗装のみを施した場合には見られない効果です。
 このような亜鉛による効果を利用した防食方法は他にもあり、例えば船舶では、船体が錆びないように外板に亜鉛板を貼り付けその亜鉛板を選択的に腐食させることで、船体の錆を防ぐ方法があります。
 
                   ※一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会 技術資料より引用

●溶融亜鉛めっきの寿命は何で決まるの?
溶融亜鉛めっき製品を長持ちさせるには「めっきの厚さ」と「密着性」が重要です。
@めっきの厚さ
 溶融亜鉛めっきは腐食生成物が保護皮膜となって腐食の進行を遅らせますが、徐々にめっき皮膜は減少していきます。よって溶融亜鉛めっきの寿命は、めっきの厚さに依存し、めっきが厚ければ製品は長持ちします。めっきを厚くするためには、めっき浴の温度と浸漬時間を調整することで厚くすることができます。また、鋼材の材質(化学成分)や形状、大きさによってもめっきの厚さは変化します。めっきの厚さの参考値はJIS H 8641「溶融亜鉛めっき」にも以下のとおりに記載があります。
 
材料の厚さによる溶融亜鉛めっきの膜厚
                      ※日本工業標準調査会 JIS H 8641「溶融亜鉛めっき」より引用

A密着性
 「めっきは剥れるもの」とイメージする人も多いかもしれませんが、溶融亜鉛めっきはめっき時に、亜鉛と鉄の合金層を形成するため非常に密着性に優れていますので、簡単に剥れることはありません。また、密着性はめっきの前処理が大きく影響します。
 
                    ※一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会 技術資料より引用

次回も引き続き溶融亜鉛めっきについてご紹介します。

 

 

1. コネクタあれこれ
@たかがコネクタされどコネクタ
Aコネクタの絆とは
B世界初 光防塵アダプタ

 

2.C形金物の歩み
@外れないカラクリ
A家屋にも優しい仕掛け
B外れないが簡単に外れる?
C何でもフリー?

 
3.地下クロージャ自然環境
     との闘い
 (会員メニューより閲覧可)
@進化している「いいね!」
A施工の簡易化、信頼性向上の
    ポイント

B施工時のポイント

 

 4.ガス供給装置の秘話
 (会員メニューより閲覧可)
@え!ガスシステムって凄い
A頑張り続けていますが…
Bまだまだいけます
 
 5.進化するプロテクタ
@見た目に美しくやさしく
A強さの秘訣はここだよ
B流石!光はホントにすごい


 
 6.雷ガードあれこれ
@雷から身を守るには
A直撃雷と誘導雷、怖いのは
    誘導雷

 (第3回目のみ、会員メニューより閲覧可)
B加入者保安器の歩み
C電源・通信防御の奥義 
7.架空クロージャの変遷
 (会員メニューより閲覧可)
@即応化に向けた歩み
A中は光ってる?
BPDS伝送の要
8.高上金物あれこれ
@曲がっても強いロッド棒
A痒いところに手が届く
Bスカイツリーをめざして
 
 9.進化中の分線金物
@ブンカナ誕生より半世紀
Aいろいろあったね!ブンカナ秘話
Bサビよ、さよなら究極のブンカナ
10.AURORAの歩み
 (会員メニューより閲覧可)
@光の時代に応える
Aダウンサイジングへの挑戦
B次世代への期待を運ぶ
11.めっきのあれこれ
@錆との戦い〜めっきパワー
    を活かそう〜

A鉄を守る溶融亜鉛めっき
B溶融亜鉛めっき豆知識
Cさらなる長寿命化をめざして
 
12.進化する通話録音装置
@はじまりはアナログ記録
Aアナログからデジタル対応へ
B音声の『保存』から『活用』へ 
C光、IP電話時代への対応と進化
 
13.ケーブル防護の助っ人
@桃太郎発祥の地でプロテクター
    誕生?

Aげっ歯生物との驚異的な戦い 
B自然界で益々進化?しています
Cその後のエピソード
14.電力装置の底力
@電気はあって当たり前
A電気は見張っていないと
    増え続ける

Bブレーカーを増やすのは
    わがまま!!
 
 15.「ポケダイ」って何?
@ポケットダイヤラの歩み
Aこんなところで活躍 !! 
B進化するポケダイ

 
 16.シェルター(収容箱)のあれこれ
@シェルターってなあに?
A気にして見ればいろいろと
B中身を守る堅牢さ 
C補修との闘い? 

 


gotop