全国通信用機器材工業協同組合|全通協| -- 高上金物あれこれ(2)痒いところに手が届く
読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧 コンプライアンス指針
X
 
:
パスワード :
  会員登録

技術のあれこれ

                  高上金物あれこれ(連載第2回)
                   ――痒いところに手が届く――
                                          記事提供:叶羽製作所
                                                   2013.8.30

 ●きめ細かい対応
 「FRP製高上金物」が開発されてから30年経過しました。この間に様々な設置条件のために、この製品が使用できない場合があることがわかってきました。またお客様の家屋形態も様々に変化してきております。今回はそれらの課題の解決や変化に対応し、痒いところに手が届くようなきめ細かい製品開発に取り組んで参りましたのでご紹介いたします。

                 
1.障害物があっても大丈夫
 現状の棟木用高上金物は棟木の下面と側面に釘で取り付けて使用するようになっています。しかし棟木の下面に電線が布設されている場合があり、この状態では取り付けができませんでした。そこで正面と下面または側面のどちらかで固定する方法を考えました。さらに破風板などのひさしが棟木の上にありますがそれを回避するために前後に
スライドできるようにしたものを考案しました。
 
  
【提案会社】 株式会社ミライト(旧株式会社東電通、旧大明株式会社)、NDS株式会社
         イワブチ株式会社、日動電工株式会社、株式会社浅羽製作所
 
2.簡易型も考えてみました
 現行のFRP高上金物のロッド棒の長さは1.5mです。しかしお客様によっては1.5mも高さを必要としない場合があります。このような場合には簡易的なものがあれば、美観上もコストの面でも助かります。そこで高さが40cm程度の小型の高上金物を考案しました。
 
【提案会社】 株式会社ミライト(旧株式会社東電通、旧大明株式会社)、NDS株式会社
         株式会社日本理工
 
3.自営柱にも対応できる
 最近では、家屋に一切電線類を取り付けない方法を取られているお客様もいらっしゃいます。その方法の一つに敷地内にスッキリポールなどの自営柱を建て、そこで電線類を引き留めておき、そこからは地下を通って家屋に引込むというものです。
 自営柱は電力線との離隔を取るため、NTT引込みポイントが決められていますが自営柱が短かく地上高を確保出来ない場合があります。そこで電力線との離隔を確保しつつ地上高も確保できる高上金物を考案しました。
 

【提案会社】 株式会社ミライト(旧株式会社東電通、旧大明株式会社)、NDS株式会社
         日動電工株式会社、株式会社浅羽製作所

 

 今回ご紹介させて頂きました上記3件につきましては、通建会社殿と全通協との共同開発によりNTT殿へご提案させて頂いております。
                                              以上 

 

 

1. コネクタあれこれ
@たかがコネクタされどコネクタ
Aコネクタの絆とは
B世界初 光防塵アダプタ

 

2.C形金物の歩み
@外れないカラクリ
A家屋にも優しい仕掛け
B外れないが簡単に外れる?
C何でもフリー?

 
3.地下クロージャ自然環境
     との闘い
 (会員メニューより閲覧可)
@進化している「いいね!」
A施工の簡易化、信頼性向上の
    ポイント

B施工時のポイント

 

 4.ガス供給装置の秘話
 (会員メニューより閲覧可)
@え!ガスシステムって凄い
A頑張り続けていますが…
Bまだまだいけます
 
 5.進化するプロテクタ
@見た目に美しくやさしく
A強さの秘訣はここだよ
B流石!光はホントにすごい


 
 6.雷ガードあれこれ
@雷から身を守るには
A直撃雷と誘導雷、怖いのは
    誘導雷

 (第3回目のみ、会員メニューより閲覧可)
B加入者保安器の歩み
C電源・通信防御の奥義 
7.架空クロージャの変遷
 (会員メニューより閲覧可)
@即応化に向けた歩み
A中は光ってる?
BPDS伝送の要
8.高上金物あれこれ
@曲がっても強いロッド棒
A痒いところに手が届く
Bスカイツリーをめざして
 
 9.進化中の分線金物
@ブンカナ誕生より半世紀
Aいろいろあったね!ブンカナ秘話
Bサビよ、さよなら究極のブンカナ
10.AURORAの歩み
 (会員メニューより閲覧可)
@光の時代に応える
Aダウンサイジングへの挑戦
B次世代への期待を運ぶ
11.めっきのあれこれ
@錆との戦い〜めっきパワー
    を活かそう〜

A鉄を守る溶融亜鉛めっき
B溶融亜鉛めっき豆知識
Cさらなる長寿命化をめざして
 
12.進化する通話録音装置
@はじまりはアナログ記録
Aアナログからデジタル対応へ
B音声の『保存』から『活用』へ 
C光、IP電話時代への対応と進化
 
13.ケーブル防護の助っ人
@桃太郎発祥の地でプロテクター
    誕生?

Aげっ歯生物との驚異的な戦い 
B自然界で益々進化?しています
Cその後のエピソード
14.電力装置の底力
@電気はあって当たり前
A電気は見張っていないと
    増え続ける

Bブレーカーを増やすのは
    わがまま!!
 
 15.「ポケダイ」って何?
@ポケットダイヤラの歩み
Aこんなところで活躍 !! 
B進化するポケダイ

 
 16.シェルター(収容箱)のあれこれ
@シェルターってなあに?
A気にして見ればいろいろと
B中身を守る堅牢さ 
C補修との闘い? 

 


gotop