全国通信用機器材工業協同組合|全通協| -- 雷ガードあれこれ(2)直撃雷と誘導雷、機器が恐れているのは誘導雷
読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧 コンプライアンス指針
X
 
:
パスワード :
  会員登録

技術のあれこれ

                  雷ガードあれこれ(連載第2回)
          ――直撃雷と誘導雷、機器が恐れているのは誘導雷――
                                          記事提供:鞄辰電機製作所
                                                          2013.8.30

 ●雷の種類?
 雷の種類分けの方法はいくつかありますが、ここでは「夏雷」・「冬雷」という種類分けをご紹介します。一般に雷を起こす雲の共通な特長は、高度数kmに及ぶ強い上昇気流があり、その上端は気温が−20℃より低い高層におよんでいることです。この−20℃というのは、日本の夏では地上7〜8kmにあるのに対して、冬の北陸地方では3〜5kmとなります。
 日本の夏の雷は、雲頂が8〜16kmにおよびます。地表付近の大気が高温多湿となり、これに加え上空に乾燥した比較的寒冷な気団が存在した場合、上昇気流が発生します。そして日差しの強い夏に寒冷前線が日本列島を横断する時に各地で大雷雨が発生します。このような夏の雷を「夏雷」と呼びます。北関東に多いのはこのタイプの雷です。
 これに対して、冬の日本海沿岸で発生する雷は雲頂4〜6kmの雲中内で発生します。シベリア大陸からくる寒気団と日本海海面付近の低層との気温差が大きい11月から12月にかけて雪雲の中で雷が発生することが多いです。これを、夏の雷と区別して、「冬雷」とか「雪雷」と呼びます。雷雲の高さが低く、夏の雷に比べてエネルギーが大きいのが特徴です。
 また、4月から5月にかけて発生する雷は、前線に沿ったところで、特に気温差の大きい強い寒冷前線が通過するときに発生し、これを「春雷」と呼ぶことがあります。
 
●直撃雷と誘導雷?
 これは雷の種類ではなく、雷撃のパターンです。
 直撃雷とは、建物等への直接の落雷です。メカニズムは以下の通りです。
 ・雷雲下部の負電荷に誘起されて、地表面上に正電荷が蓄積されます。
 ・この地表面の正電荷と雷雲下部の負電荷によって強い電界が生じます。
 ・通常地表面上の電界は晴天時1OOV/m程度ですが、直撃雷が発生するときには50kV/m程度
  になっています。この強い電界によって、大気が絶縁破壊すると直撃雷となります。(図 1)
 この絶縁破壊は、負電荷が地上へ落ちてくる方向なので、負極性の雷と呼ばれています。負極性の雷は全体の90%であり、残りの10%は正極性です。正極性の雷は,冬季の北陸などにおいて、寒冷前線によって発生した界雷が低い地上高のときに、雷雲上部の正電荷と地表面の負電荷間で直接放電するものです。(図 2)
 
●建物の中でも注意が必要
建物の中に避難したからといって、100%安全かというと、そうではありません。建物に落雷があった場合、雷電流はいろいろなものに伝わって流れます。特に電話線や、電灯線を伝わって、外部に流れたりもします。従って、建物の中に避難した場合でも、電線や金属管などからできるだけ離れること、“壁や柱から離れる(できれば2m以上)こと”が大切で、部屋の中央に寄っているのが安全といえます。 
 
       (図 1)直撃雷:負極性(90%)          (図 2)直撃雷:正極性(10%)
               
 
誘導雷には、次の2種類があります。 
(1) 構造物などへの直撃雷によるもの建物、木などへの直撃雷電流によって付近に強い電磁界が生じ、電磁誘導によって近くの通信線・電力線に電圧が発生します。(図 3)
(2) 雷雲間での放電によるもの二つの雷雲間で、正電荷と負電荷が放電すると、通信線・電力線上に拘束されていた電荷が解放され両方向に移動します。この電荷の移動がサージとなって、通信線・電力線に電圧が発生します。(図 4)
 
  (図 3)誘導雷-木立への直撃による誘導雷     (図 4)誘導雷-雷雲間の放電による誘導雷
        
●機器が恐れているのは誘導雷
 誘導雷は直撃雷に比較して発生頻度が高いため、雷被害が発生する確率は高く、通信機器が被災する確率も高くなります。 
  直撃雷 誘導雷
 雷被害の頻度  低い  高い
 被害対象  建物
 設備・機器全体
 情報通信機器
 家電製品
 被害様相  火災、設備・機器の焼損  内部部品の破損等
誘導雷から通信機器等を守る対策としては次のようにすることが有効です。
(1) 共通接地法(等電位ボンディング)
通信線・電力線全ての接地が共通に接地することによって、接地間相互の電位差を発生させない方法。
(2) バイパスアレスタ法
通信機器の通信線と電力線の間に並列に避雷器を挿入し、雷サージをバイパスする方法。
(3) 絶縁法
耐雷トランスを使用することで電気的に絶縁する方法。
 

が考えられます。(1)は現状の日本ではその実現は未だ難しく、(3)は(2)のバイパスアレスタ法よりコストがかかってしまうため、(2)のバイパスアレスタ法が通信機器の雷防護対策が最も用いられています。
 以上雷防護対策をご紹介しましたが、一番有効なのは、雷を予測して通信機器の電源を抜くことです。(笑)

 次回は各種保安器の歩みについてご紹介いたします。


 

 

1. コネクタあれこれ
@たかがコネクタされどコネクタ
Aコネクタの絆とは
B世界初 光防塵アダプタ

 

2.C形金物の歩み
@外れないカラクリ
A家屋にも優しい仕掛け
B外れないが簡単に外れる?
C何でもフリー?

 
3.地下クロージャ自然環境
     との闘い
 (会員メニューより閲覧可)
@進化している「いいね!」
A施工の簡易化、信頼性向上の
    ポイント

B施工時のポイント

 

 4.ガス供給装置の秘話
 (会員メニューより閲覧可)
@え!ガスシステムって凄い
A頑張り続けていますが…
Bまだまだいけます
 
 5.進化するプロテクタ
@見た目に美しくやさしく
A強さの秘訣はここだよ
B流石!光はホントにすごい


 
 6.雷ガードあれこれ
@雷から身を守るには
A直撃雷と誘導雷、怖いのは
    誘導雷

 (第3回目のみ、会員メニューより閲覧可)
B加入者保安器の歩み
C電源・通信防御の奥義 
7.架空クロージャの変遷
 (会員メニューより閲覧可)
@即応化に向けた歩み
A中は光ってる?
BPDS伝送の要
8.高上金物あれこれ
@曲がっても強いロッド棒
A痒いところに手が届く
Bスカイツリーをめざして
 
 9.進化中の分線金物
@ブンカナ誕生より半世紀
Aいろいろあったね!ブンカナ秘話
Bサビよ、さよなら究極のブンカナ
10.AURORAの歩み
 (会員メニューより閲覧可)
@光の時代に応える
Aダウンサイジングへの挑戦
B次世代への期待を運ぶ
11.めっきのあれこれ
@錆との戦い〜めっきパワー
    を活かそう〜

A鉄を守る溶融亜鉛めっき
B溶融亜鉛めっき豆知識
Cさらなる長寿命化をめざして
 
12.進化する通話録音装置
@はじまりはアナログ記録
Aアナログからデジタル対応へ
B音声の『保存』から『活用』へ 
C光、IP電話時代への対応と進化
 
13.ケーブル防護の助っ人
@桃太郎発祥の地でプロテクター
    誕生?

Aげっ歯生物との驚異的な戦い 
B自然界で益々進化?しています
Cその後のエピソード
14.電力装置の底力
@電気はあって当たり前
A電気は見張っていないと
    増え続ける

Bブレーカーを増やすのは
    わがまま!!
 
 15.「ポケダイ」って何?
@ポケットダイヤラの歩み
Aこんなところで活躍 !! 
B進化するポケダイ

 
 16.シェルター(収容箱)のあれこれ
@シェルターってなあに?
A気にして見ればいろいろと
B中身を守る堅牢さ 
C補修との闘い? 

 


gotop