全国通信用機器材工業協同組合|全通協| -- コネクタあれこれ(2)光コネクタの絆とは
読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧
X
 
:
パスワード :
  会員登録

技術のあれこれ

                  コネクタあれこれ(連載第2回)
                   ――光コネクタの絆とは――

                                          記事提供:三和電気工業
                                                        2013.8.30

 絆(きずな,きづな)のもとは,犬・馬・鷹などの家畜を,通りがかりの立木につないでおくための綱からきています。現代では,人と人との結びつき,支え合いや助け合いを指す言葉となっています。光コネクタに置き換えれば,光ファイバ同士の接続を確実に信頼してつなげることだと思います。
 今回は,光コネクタをつなぐために必要な互換性についてお話ししたいと思います。互換性の主なものは,【かん合互換】,【性能互換】,【光学互換】の3つです。
 
 ●【かん合互換】について,まず,光コネクタの種類について説明します。市販されている光コネクタは,実に様々なタイプの光コネクタがあります。同じタイプの光コネクタ同士が正常にかん合し,正常な特性が得られる互換性があることが重要です。
 光コネクタが開発された当初は,ねじやバヨネット締結方式でしたが,今は,操作が簡単なプッシュオン結合方式が主流です。スライドロック構造は,SC形・MU形・MPO形光コネクタが該当します。レバーロック構造は,LC形・MT-RJ形が該当します。
 メーカを問わずかん合できるには,寸法・形状・構造が同じになるように規定する必要があります。かん合標準規格として,JIS規格やIEC規格があります。タイプ別に規定が作られています。今では,この規格に従って製造され,適合したコネクタが標準品として使用されています。JIS規格で制定されているものは,20品種に及びます。それらを一覧表にしてみました(表1)。JIS規格の一部には,IEC規格を併記しているものがありますが,これはIEC規格と整合が取られていることを意味します。このタイプのコネクタは,グローバルスタンダード品光コネクタと言えます。
 
●【性能互換】を保証するため,信頼性試験を実施します。光学特性・かん合性・機械的特性・環境的特性・操作性を確認します。その試験方法は,JIS C 5961(光ファイバコネクタ試験方法)・IEC 61300規格群・Telcordia GR-326・Telcordia GR-1435等に沿って実施します。
 評価判断の目安となるものは,光学特性−挿入損失・反射減衰量−の変動量の大きさを確認します。この光学特性値や変動量の規定は,受渡者間の協定によることが多いのですが,IEC 61753規格群で環境カテゴリ毎に分け,性能互換を規定する作業が進められています。光学特性は,デシベル(dB),1 mWを基準とするdB(dBm)単位で表します。このデシベル(dB)とは、信号強度の相対的な差異を表すための単位ですが,“B”は米国の電話器を発明したグラハム・ベルからとられているのをご存じですか。
 
 


●【光学互換】は,光プラグ(写真1)の円筒形及び角形フェルールのPC・APC研摩形状パラメータの互換(外径・球面偏心量・ファイバ引込み量・ファイバ位置)及び材料特性(部分安定化ジルコニア等)を規定します。IEC 61755-3規格群には,SMFのφ1.25mm及びφ2.5mmのジルコニアフェルールのPC及びAPC研磨の規定がり,ファイバの種類・等級ごとに光学互換のパラメータが規定されています。

 そして,光コネクタの光学特性は,フェルール端面研磨の種類(PC・UPC・APC等)により決まります。その研磨によって付いた数μmから10μmの【傷】は,反射減衰量に影響を与えます。IEC 61300-3-35では,その傷の種類・大きさ・範囲・傷の数を反射減衰量のレベル別に規定しています。最近,画像処理技術により,傷の判別を自動的に行う装置も販売されています。顕微鏡観察では作業者による判断基準に差異がありますが,この装置を使うことで均一的な判断基準ができるようになります。
 みえないところで,各社は,研磨フィルムの開発・ジグの改良を現在も進めています。傷の少ない,安定的に供給できる研磨技術の開発に日々努めています。

 最後に注意しなければならない事項として,フェルール端面の汚れがあります。汚れたままでかん合した場合,目標とする光学特性がでません。端面チェックと端面清掃を行い,キレイな光コネクタで互換性能を維持して下さい。
 

● 次回は,『たくましくDIYを生き抜く』を紹介いたします。 

 

 

1. コネクタあれこれ
@たかがコネクタされどコネクタ
Aコネクタの絆とは
B世界初 光防塵アダプタ

 

2.C形金物の歩み
@外れないカラクリ
A家屋にも優しい仕掛け
B外れないが簡単に外れる?
C何でもフリー?

 
3.地下クロージャ自然環境
     との闘い
 (会員メニューより閲覧可)
@進化している「いいね!」
A施工の簡易化、信頼性向上の
    ポイント

B施工時のポイント

 

 4.ガス供給装置の秘話
 (会員メニューより閲覧可)
@え!ガスシステムって凄い
A頑張り続けていますが…
Bまだまだいけます
 
 5.進化するプロテクタ
@見た目に美しくやさしく
A強さの秘訣はここだよ
B流石!光はホントにすごい


 
 6.雷ガードあれこれ
@雷から身を守るには
A直撃雷と誘導雷、怖いのは
    誘導雷

 (第3回目のみ、会員メニューより閲覧可)
B加入者保安器の歩み
C電源・通信防御の奥義 
7.架空クロージャの変遷
 (会員メニューより閲覧可)
@即応化に向けた歩み
A中は光ってる?
BPDS伝送の要
8.高上金物あれこれ
@曲がっても強いロッド棒
A痒いところに手が届く
Bスカイツリーをめざして
 
 9.進化中の分線金物
@ブンカナ誕生より半世紀
Aいろいろあったね!ブンカナ秘話
Bサビよ、さよなら究極のブンカナ
10.AURORAの歩み
 (会員メニューより閲覧可)
@光の時代に応える
Aダウサイジングへの挑戦
B次世代への期待を運ぶ
11.めっきのあれこれ
@錆との戦い〜めっきパワー
    を活かそう〜

A鉄を守る溶融亜鉛めっき
B溶融亜鉛めっき豆知識
Cさらなる長寿命化をめざして
 
12.進化する通話録音装置
@はじまりはアナログ記録
Aアナログからデジタル対応へ
B音声の『保存』から『活用』へ 
C光、IP電話時代への対応と進化
 
13.ケーブル防護の助っ人
@桃太郎発祥の地でプロテクター
    誕生?

Aげっ歯生物との驚異的な戦い 
B自然界で益々進化?しています
Cその後のエピソード
14.電力装置の底力
@電気はあって当たり前
A電気は見張っていないと
    増え続ける

Bブレーカーを増やすのは
    わがまま!!
 
 15.「ポケダイ」って何?
@ポケットダイヤラの歩み
Aこんなところで活躍 !! 
B進化するポケダイ

 
 16.シェルター(収容箱)のあれこれ
@シェルターってなあに?
A気にして見ればいろいろと
B中身を守る堅牢さ 
C補修との闘い? 

 


gotop