読込中......
リンク:組合員専用サイト
お問い合わせ/事務所案内サイトマップ
HOME 新製品・イベント 全通協とは 組合員一覧 取扱製品一覧 コンプライアンス指針
X
 
:
パスワード :
  会員登録
イベントトップ
過去の履歴

全通協テクノフェア2007 in 東京

ホーム > 新製品・イベント > イベント > 過去の履歴 > 全通協テクノフェア2007 in 東京

イベント

全通協テクノフェア2007 in東京

会場レポート   リンク:開催概要   リンク:出展会社

光ブロードバンド時代に貢献する全通協

2月22日(木)・23日(金)の両日、東京交通会館12階ダイヤモンドホールにおいて、「全通協テクノフェア 2007 in 東京」が開催されました。出展企業数は49社。全通協ブースや組合員各社のブースでは、情報通信ネットワーク関連機器、通信線材用機器、通信工事関連機器など多彩な製品が展示され、多くの来場者でにぎわいました。

オープニングセレモニーのようす

写真:全通協 石井理事長 オープニングセレモニーでは、まず全通協石井理事長が挨拶。「情報通信の世界が急速に光にシフトする中、全通協及び組合員各社は、光ブロードバンドサービスの普及・拡大を中心に幅広い製品を取り扱う通信用機器材の総合サプライヤとして、お客様のニーズに即応した取組みを行っております。本日のテクノフェアでは、このような取組みを通じて生み出された新規開発製品や改善提案製品などをまとめてご披露いたします。」
写真:日本電信電話株式会社 山田隆持副社長 続いて来賓である日本電信電話株式会社の山田隆持副社長からご挨拶をいただきました。「日本のブロードバンドは伸展を続け、特に光はADSLを累積数で逆転しました。これも皆様方の取組みの成果だと思います。このテクノフェアも毎年進化していることに驚き、感心しております。今後とも工夫を凝らしてVE・VA提案をしていただきたいと思います。」
ファンファーレとともに華やかにテープカット
そして、いよいよ理事長と来賓によるテープカットが、ファンファーレが高らかに鳴る中、華やかに行われました。
写真:テープカット

全通協ブースのレポート

Bフレッツ関連製品群とVE&VA製品が勢ぞろい!
注目の全通協ブースでは、全通協がNTT様に供給する膨大な製品群の中から、Bフレッツに使用する製品群を一堂に展示。AOクロージャ、光スプリッタ、光ケーブル用ステップル、光ファイバー用コネクタなど、すでに現場で幅広く使用されている製品が多数展示され、来場者の熱い視線を浴びていました。
  写真:Bフレッツ関連製品 写真:Bフレッツ関連製品 写真:Bフレッツ関連製品  
写真:説明員 説明員の声
「Bフレッツに使用する製品をセレクトして展示しています。戸建・集合住宅やビルからNTT局舎内に至るまでの多様な各種機器材を、ルートに沿ってわかりやすく、トータルに展示しました。どれもBフレッツには欠かせないものばかりです。」
そしてもう1つの目玉がVE&VA物品の展示です。全通協がお客様の現場ニーズをキャッチし、それをふまえて提案した製品の数々。ほう縛穴を改良したケーブル保護カバ、環境対策として六価クロムフリーの防錆処理をしたネジ、AO下部のばしクロージャ、VDSL装置収容キャビネットなど、最新の製品群が多数展示されました。
  写真:VE&VA物品の展示 写真:VE&VA物品の展示 写真:VE&VA物品の展示  
写真:説明員 説明員の声
「“VDSL装置収容キャビネット”についてご説明しています。マンション住民の要望から生まれた製品で、熱対策と同時に、内部に防音素材を使用することで騒音対策にも万全の配慮をした画期的な製品です。」

組合員ブースのレポート

全通協の組合員49社が出展した組合員ブースも、各社がお客様ニーズをふまえて開発した新製品やVE&VA商品が多数展示されていました。NTTへの供給品に加え、民需品も展示され、幅広いお客様にアピール。あちらこちらに人垣ができるなど、熱気あふれる展示となりました。来場者を限定した新製品コーナーも人気でした。
組合員の声
「今回の最大の特徴は、新製品の別室コーナーができたこと。来場者が期待する新製品を展示したいけれど、ノウハウも守らなければならない。そこでNTT様の協力を得てクローズドで展示しました。そういう点で、画期的なイベントになったと思います。これからも、来場者にご満足いただける展示を心がけたいですね。」
写真:組合員の声
写真:組合員の声 来場者の声
「やはり新製品に興味があったので、今回の展示は良かったですね。ブロードバンドの世界は日々進化していますから、今後も新情報を積極的に出していただきたい。全通協及び組合員各社に望むのは、工事会社等のニーズをきちんとつかむこと。じっと待つのではなく、自分から改善のネタを取りにいく姿勢に期待します。」

まとめ

年々規模が拡大し、内容も充実するテクノフェア。新しい企画も登場し、ますます盛り上がりました。全通協では、今後もこうしたイベントを通じて、通信用機器材の総合サプライヤとしての取組みをアピールしていきたいと考えております。

gotop